ビジネスは、他人への愛あるおせっかい

好きなことや、夢中になれることを見つけて、それに取り組む時間は、何にも変えられないほど幸せなもの。

しかし、自分にとって、夢中になれることを仕事にしようと思ったら、その時少し硬くなる。

お客様とのセッションの中で、ビジネスってなんだろうか?と考える機会を得ましたので、そのお話をシェアします。

編み物が大好き!だけどビジネスにはしたくない・・・

お客様に、「編み物が大好きだ」という方がいました。

「編み物をしている時間が本当に幸せで、時間さえあれば編み物がしたいと思うし、次はどんな毛糸を使おうかなと、つい考えてしまう」と。

なんて素敵でしょうか。
そこまで打ち込める「好きなこと」私にあっただろうか?と嫉妬してしまいそうなほどでした。

しかし彼女は、それを仕事にしたいとは思わない、と言っていました。

編み物をすることは大好きだけれど、それを収益化したいとは思わない。
よくあることかもしれません。

彼女が幸せに時間が過ぎていく中で、収入が得られるアイディアはないのかなぁ?と私も思い巡らせていました。

頭で考えたら、

  • 編み物のやり方をコンテンツにして販売する
  • 編み物をしているところを動画にしてその魅力を伝えていく
  • 編み物のキットを販売する

などなど、思いつくことはあります。

それらを形にしたいかどうか?は本人次第で、自由な領域です。

趣味と仕事の境界線を引くべきかどうか、人それぞれだとは思いますが、彼女とのセッションの中から、改めてビジネスとはなんだろうか?と考えていました。

ビジネスとは他者への愛あるおせっかい

そこで思ったこと。

ビジネスとは、他者への愛あるおせっかい」なのだと。

自分だけで楽しくて幸せで満足できることは、誰にでもたくさんあると思います。

けれど、
さらに世の中を見渡した時に

  • もっとこうだったらいいのにな
  • こうしたら最高なのにな
  • もっとこうしたら上手くいくのに
  • こうやったら簡単なのに

などと、感じることがありませんか?

例えば、デザイナーさんであれば、学校の配布資料を見てそのデザインに「もっとこうしたらいいのに!」と思うかもしれません。

一見、社会に対して文句を言っているような感覚になるかもしれないですが、それがあなたが誰かにできる「おせっかい」の種でもある。

あなたには、その先のより良い未来が見えている。だからこそ不満や文句も言いたくなるのです。

他人に対して、「やってあげずにはいられないこと」それが、あなたの役割であり使命のようなものです。

【ワーク】あなたが最近他人に対して、おせっかいした(または、したくなった)ことはなんですか?

ここで、ワークを紹介します。

あなたが他人に対してお節介したことはなんですか?

ついやってしまうお節介が誰にでもあるはず。
その中でも、他人に喜ばれたり感謝されたことが、あなたが世の中に求められていることかもしれません。

ぜひ、考えてみてくださいね。

ちなみに、私はよく「それあなたの魅力だから、ぜひ発信して伝えて!!必ず喜ぶ人、必要としている人がいるから!!」と熱量高く伝えてしまいます笑。

そして、その私の行動が、相手の自信に繋がったりしてすごく喜ばれるし、私も嬉しくてもっと伝えたくなってしまいます。(終わりがない笑)

「人の個性や魅力を伝えること」と「発信のサポート」
が、私の愛あるおせっかい(=ビジネス)なのだと思い、活動しています。

あなたの愛あるおせっかいはなんでしょうか?
ぜひワークしてみてくださいね♡

いたみゆい_♡

 

more

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP